TOP > お知らせ(福島大学食農学類(仮称)キックオフ・シンポジウムを開催します!)

お知らせ

福島大学食農学類(仮称)キックオフ・シンポジウムを開催します!

2017-02-06

「福島大学食農学類(仮称)キックオフ・シンポジウム:発酵・醸造学が福島の未来を拓く」


開催趣旨:
福島県の食の特徴を一言で表現するならば、それは「発酵」ではないでしょうか。日本酒、味噌、醤油、納豆、漬物、パン、ヨーグルト。これら発酵食品は福島県の食品産業の中核をなすとともに県民の食生活と食文化を支えてきました。また発酵食品は古くて新しいから、面白い。次世代に継承すべき伝統的な和食文化の代表格でありながら、その機能性の研究では先端生命科学の世界が広がっています。本シンポジウムでは、発酵・醸造学の第一人者たちとともに発酵で福島を元気にする可能性に迫りながら、2019年設置をめざす本学食農学類(仮称)が果たすべき役割について考えていきます。

日時:2017年221日 午後1時半~5時
会場:福島大学 L講義棟 L2教室

主催:福島大学農学系教育研究組織設置準備室、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター農・環境復興支援部門
後援:地産地消運動促進ふくしま協同組合協議会                                      

プログラム:
コーディネーター:福島大学 則藤孝志
解題(15分)福島大学 小山 良太
1講演(40分):小泉 武夫 演題:発酵学は地域を救う
2講演(40分):宮城大学 金内 誠 演題:発酵・醸造学の最先端と地域貢献
3講演(40分):鹿児島大学 高峯 和則 演題:鹿児島大学における焼酎・発酵学教育の現状と展望
4講演(40分):(株)ビオック 和久 豊 演題:麹を中心とした日本の醸造学と発酵化学の面白さ
全体質疑応答
まとめ・閉会の挨拶 福島大学 青柳 斉


詳しい内容は下記のリンクからチラシをダウンロードしてください。
http://shokunou.net.fukushima-u.ac.jp/katsudou/wp-content/uploads/2017/02/1eaa85b1929c2cd4898f4004b95ca56d.pdf


ページの先頭へ