南会津町にて日本酒ワークショップを開催しました!

ふくしま未来食・農教育プログラムでは、授業と研究の一環で昨年度から南会津町・舘岩において農業と地域づくりに関する調査実習を行っています。

二年目となる今回の調査実習では、「過疎と風評に立ち向かう地域づくり型食農連携ビジョンの構築と実践―南会津町舘岩地域を食と農でつなぐ―」をテーマに掲げ、とくに日本酒に焦点を当てながら南会津町や舘岩地域の活性化の糸口を探りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南会津町南郷にある地域に根ざした酒蔵として知られる花泉酒造では、
代表の星誠さん、杜氏の齋藤明さん、そして醸造責任者(常務)の中丸信さんから醸造蔵の見学を交えながら花泉の酒造りのこだわりや経営展開、地域に根ざした取り組みなどについてお話を伺いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年に引き続き、舘岩の川衣集落でこだわりの硬い豆腐を作っておられる泉屋豆腐店を訪れ、郷土料理「お平」をいただきながら、豆腐料理と日本酒との組み合わせについて意見交換しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また郷土料理の商品化に取り組むたのせ集落を今年も訪れ、日本酒にある料理の商品化の可能性を探りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしていよいよメインの日本酒ワークショップの開催。ワールドカフェというワークショップの方法を採用し、日本酒で南会津町や舘岩をもっと元気にするアイデアを地元の方を交えて話し合いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うちの社会人大学院生は、農業生産者、流通業者、行政職員、農協職員、市民運動家など食と農にかかわる多様な職業人が集まっています。
今回のワークショップでもそれぞれの立場の強みを生かした興味深いアイデアがたくさん生まれてきました。

後期の大学院授業では、これらのアイデアを掘り下げて検討していきます。

則藤孝志

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA