第9回公開講座「農山村再生の課題」 小田切徳美先生

6/30に開催された第9回公開講座は、明治大学の小田切徳美先生による「農山村再生の課題」と題した講義でした。

小田切先生は、中山間地域を中心とした農山村の再生について研究を第一線で行ってこられた先生で、近年話題になった「農山村消滅」に対しての反論も行っています。

講義は
Ⅰ.農山村の新しい風―田園回帰―
Ⅱ.農山村再生とは何か?
Ⅲ.農山村再生の実践
Ⅳ.農産再生のプロセス
Ⅴ.おわりに―新しい社会へ―
という構成でした。
「田園回帰」という近年都市部から農村部への若者の移住が進みつつあることを踏まえ、農山村再生には「地域みがき」が欠かせないという説明がありました。
またこれらについて西日本を中心にした事例を紹介していただき、地域の内部からの動きが何より大事であり、将来に向けて今、時間をかけて地域内での話し合いを深めていくことが大事であるとの提言をしていただきました。

講義のあとには
・東北と関西の違いはあるのか?
・福島の放射能の問題に対してどうアプローチすれば良いか?
・放射能汚染を受けた福島にとって他の地域の事例はどこまで参考になるのか?
といった議題について、熱心な討論が行われました。

カテゴリー: 活動報告 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA